スポンサーリンク



FXを真剣に学びたい。

本に投資をする程度の事は必要な経費。

自分で独学。

勉強するのが苦手な人も多い。

でも初心者や未経験のままでは実践ができない。

今の自分の知識を増やすために何をするのか?

この選択として、本という選択をする人は多いはず。

私自身も実際に何冊か本を購入しました。

でも今は以下のような内容を気にして見ています。

ゲイスキャfxで勉強する手順

億スキャFXの評価は誰を信じる?

絵で学ぶという視点についてもご紹介してきました。

fx初心者が絵でわかる勉強法?

でもその購入した先にハマった現実がある。


スポンサーリンク

fx初心者の勉強で本を選んだ理由

私も初心者でした。

最初はいろいろなサイトの記事を見て勉強していた。

サイトの情報と本の差

サイトを見る事で知識を得られることは多い。

例えば、以下のような内容はfxには必要不可欠。

  • 用語の意味(チャート、ローソク足、エントリー等)
  • 口座開設。
  • テクニカル分析

情報的には莫大な量が一気に提供されている。

しかし、この情報は、常にそのページを開いておく必要がある。

こうなると、何が問題になるのか?

自分の頭で理解するまでに何かにメモを取るなどの行動を必要とする。

理解できるまで何度も読み直す。

この手間と労力を考えた時、本という情報は1冊。

まとめられた情報があることは本当に助かる。

途中まで読んで付箋を使う。

たったこれだけの事でも確かに勉強を始める時には助けられることは多い。

 

fx初心者の勉強で本で感じた限界

 

本は確かに知識への投資になる。

でも勉強をしている間にその内容から何か疑問が生まれる。

この時はどうする?

情報の欠落と補足

わかりやすく伝わっていることもある。

時間をかけて内容を深掘りする。

こうすると、基礎の大切な何かが足りないことがわかる。

では実際にこの部分は自分で何とかする必要がある。

結果的に、入門書をそのまま実践につなげることは難しい。

結局は、サイトを閲覧。

違う情報を見ないと全てがつながらない。

読み物として身につける参考資料。

この程度で考える必要がある。

これが私が感じた限界ライン。

ではどうすればいい?

 

fx初心者勉強を本と比較する商品

今私が参考にしているのは、情報商材という内容。

実際に第一線で実績を作った人が数多く存在する。

その実践したやり方を参考にして作った実践向けマニュアル。

このような存在が今のネットの情報の中には含まれている。

どんな会社が作っている?

私が今参考にしてる商品はすべて投資顧問会社が監修する商品。

ビジネスでこれから投資を考える法人に対してもサービスを提供してる会社。

こういう人たちがプロの手法を詳細でチェック。

そして、個人が学ぶべき状態に説明を簡略化。

こうした内容で書かれている。

本との決定的な差

別にこんなものなくても学べる。

こう考えられる人は確かにやっていけるのかもしれない。

でも私は違う。

心理的に情報が多くなると分からなくなる。

だから、パターン化してくれているほうが簡単。

さらに、徹底してサポートをしてくれる環境が用意されている。

自分が学ぶ上で簡単と思い込んでいる事も多い。

そういうところを購入した後でサポートしてくれる。

これは本当にありがたいと思う。

具体的に気になること。

なぜ?と思うポイント。

こういう悩みはココそれぞれが全く違うはず。

超初心者と初心者という検索の結果にも差があるのか?

その具体的な境界線はどこにあるのか?

結局は自分の手にした情報があってもその内容をどう使うのか?

この具体的な実践までの流れが重要になる。

いくら少額でエントリーする人でも全体像が見えないと不安が多い。

だったら、そういう部分はネットでも足りるのか?

これでは、それぞれの検索をするだけの手間と労力から解放されない。

だったら同じ時間を使って専門のサポートを受けることがオススメ。

読まないとは言えない。

でも必ず大損を防ぐ方法はかなりシンプルになっていくはず。

難しいと思って見ている時ほど結果的に自分で複雑している。

こういうことにハマってしまう前の対策は難しい。

だからこそ、より学び方をシンプルにしなければいけない。

私はこう考えた。