fxって難しいのかな?

専門用語いっぱいあって大変そう?

講座都下に申し込みしないと独学なんてとても無理?

部屋でこもって本やネットで検索していたらできるようになる?

自分で新しい分野に挑戦しようとする時に、自分の余った時間や余裕のあるタイミングで効率よく学習する方法を探す人は多いはず。

でも実際には結局上手くいっていないというあるある話をしていきたいと思います。

fx初心者あるある話1.信じて負ける

友人、知人が実践者という時に、その人が実際に利益を出していると聞いて、その通りにやってごらんと言われることもあります。しかし、この言葉って意外と当たらないことが多いんですよ。

何故でしょうか?その中身として言われた通りだと思って実践しても実際にダメだった後に確認したそのパターンは違う!という後から情報が出てきてしまうケースがあるんです。

要するに、想定されたパターンの分析も解析も出来ていない初心者は、その手法がどのタイミングで適用するのかがわからなくなってしまうというのがポイントになります。

 

fx初心者あるある話2.負け続ける

自分が一度失敗したからと簡単に諦めるわけにはいかないと最初は誰でも頭では考えていると思います。しかし、一度ではなく、何度も負けを繰り返す結果になったらどうでしょうか?

結果、自分の何が間違っているのかもわからないので、そのまま手が止まってしまうという事が多いのではないでしょうか?確認をする相手も正直また自分の想像が追いつかない話をされたら困るという流れも多いです。

その後孤独になっていくことでまたさらに負けやすい環境に自ら閉じこもってしまうのではないでしょうか?

 

最初の負けを経験する前の準備が重要

絶対的な勝率を最初から経験する必要はないと思います。しかし、負けるとしてもその後がとても大切なんですね。その後に誰に何を確認してそのパターンを1つ1つしっかり頭に入れていくことが今後の継続で勝ちを経験するために必要です。

ではその確認を誰に行うべきなのか?この答えは、投資顧問などの自分の指導者を見つけておくことが大切です。もちろん無償という事はありませんよね。でも何かの商品を購入してそのサポートを受けるという対象ならいくつか出てきます。

負ける経験よりも確認する環境

自分が負けを経験した際に、すぐにその内容について補足の説明を受けることが次また同じミスをしないためには大切なこと。

だったら、いつでも連絡が可能なサービスが付いた商品を探すことが大切ではないではないでしょうか?