スポンサーリンク



転職活動や就活をしている人にとっては、会社を選ぶ条件はたくさんある。

年収や月収

ボーナスの有無

退職金

勤務時間や残業の有無

休日出勤の有無

まだまだ他にもいろいろ気になる雇用条件は存在する。

でも実際に会社に入ってからの仕事場の雰囲気ってどこも同じはず。

こんな人にぜひ知ってほしいのが、クロスリテイリングの社内環境。

スポンサーリンク

クロスリテイリングの社内がすごい!

会社に入って、昼休みの休憩時間ってどう過ごす?

喫煙者は喫煙所がどこにあるのかを気にする。

お弁当を持参する人は、電子レンジがあるのかを気にする。

カップ麺を持ち込みする人は給湯器の有無が心配。

この程度の事が最低限。

でもそんな最低限とはまるで次元の違う社員のための社内設備を用意している会社がった。

それがクロスリテイリングのバーカウンターがあるという環境。

何を寝言言ってる?

そんなものあるはずがない。

どうせ会社の役人だけのプライベートスペースでしょ?

私もそう思っていた。

しかし、違うんです。

打ち合わせはもちろんのこと、作業の場としても提供されているのです。

退勤した後の寄り道も不要

一杯飲んで帰ろうかな!

でも給料日前だしお金がない!

サラリーマンのよくある悩み。

この悩みに会社が何かサービスをしてくれるなんて夢のような話。

というかほぼありえない話ですよね。

でもその夢がこの会社では実現できてしまうんです。

社員が仕事を終えてから、退勤をしている状態ならお酒も飲めるんです。

そんな瑕疵はありなの?

確かに社員が仕事を終えてからお酒を飲めるなんて普通はありえない。

でも退勤した。

この事実があれば、その後の時間は本来はフリータイムであり、プライベートな時間。

この時間をどう使う?

会社にいたくないと思う人は圧倒的に多いはず。

でもその時間にお酒を交えて、上司と相談をしたり、社員同士のコミュニケーションを図ることが可能。

これってすごく良いことだと思いませんか?

こうした斬新な考え方を誰が許可しているのか?

それが、代表取締役社長である金本氏だ。

2017年に就任後、この内容をずっと継続している。

1年未満で終わってしまうようなことを紹介しているのではありません。

就任から2年経過する2019年になってもこのサービスはずっと継続されている。

社員を大切にするって何?

この言葉を今のストレス化社会に向けた福利厚生として考えている社長ってかっこいいですよね!

そんな会社がもっと増えてくれることを願っています。