スポンサーリンク




年五

FXに興味を持つ。

ネットで検索して情報収集。

稼げる手法やノウハウを発見!

その名は、億スキャFX。

でもその中に出てくる高橋って誰?

そんなに有名な人レーダーなの?

稼いでいる額がどこからすごいのかすら初心者には全く分からない。

上を見ればきりがない。

2019年に初めてfxについて調べ始めた人も多いはず。

まだトレードどころかスキャルピング、ローソク足の意味も不明。

こんな状態で本当に公開されているツールを使っただけで上手くいくのか?

どこかその方法に興味を持っても高橋良彰というその名に見覚えがない。

こんな時に考えておくべきポイントがある。

億スキャFXの商品価値

 

この人が使っている手法や内容は実際どこまで初心者でも検証が可能なのか?

あくまで商材を購入してから実践する。

こうなると、勝てない商材かもしれないという怖さがある。

勝てると思い込むにもまだ何も実践経験が無いと確信が持てない。

自動売買という方法を使うことは一度の設定で終わる。

でも本当に連続で稼いでいく事が可能?

100億円。

こんなすごい数字を稼いだ人の情報。

この意味する内容を考える時にはこんな見方がある。

個人ではなく会社を見る

誰が生み出した方法なのか?

この情報はあくまで稼ぐためのノウハウに過ぎない。

しかし、その情報を商品化した会社がその裏に存在する。

その会社の情報のほうが私は大切だと思う。

今回の商品をよく見ていくと、クロスリテイリング株式会社という会社の名前が確認できる。

この会社は本当に実在するのか?

いったい何をしている会社なのか?

こうして調べていくとその商品の価値が見えてくる。

確認できたのは、投資顧問業を営む会社。

そして、過去にも複数の講師による手法を使用してさまざまな商品化を実現している。

つまり、高橋氏もその会社の講師の一人という存在になる。

名前を使えば売れる?

1つ誤解をしてほしくないことがある。

それは、今回の商品もやはり稼げるようになるための手法の1つ。

あくまでその方法を使えばうまくいくケースもある。

あくまでFXは取引。

つまりは、絶対と思ってしまうと、時代の流れの変化においていかれる。

しかし、そのやり方を分析するとシンプルな発想であることに気が付く。

この点をしっかり書いていくのが商品としての価値。

一定条件。

限定された環境

他にもロジックを成立させるための要件がある。

その詳細が同じ状況であればこそ通用する。

こうした手法をやってきた人が誰であったかは問題ではない。

そもそもその人以外でも実際に仕込みや流れが同じ人は必ずいるはずだから。

問題はその人のやり方をどう初心者向けに伝えていくのか?

この開発に力を入れている会社の存在こそが重要になる。

 

個人にできない環境整備

 

情報商材を購入する。

この条件を満たすことで会員になる事が可能になる。

そして、その環境では会員限定にメルマガや質の高いサポートが受けられる。

これが本当の意味での得だと考えるべき。

クロスリテイリング株式会社という存在

今回の商品をプロデュースしている会社がある。

その会社は、実際に以下のような実績を持つ。

投資顧問として法人に対してのコンサルティング活動を行っている。

これは非常に重要なポイント。

あくまで何も知らない個人に対する簡単な指導をして終わっているわけではない。

実績が出なければ、完全に信用を失う対法人向けのサービス。

これを実践しているからこそ、戦略においてもきちんとチェックしているはず。

信用がない。

完全に詐欺だ。

こんな状態で公開していると今の取引先が知ったらどうなる?

決してありがとうという答えだけが期待できる環境ではなくなる。

むしろ、今後の取引そのものを見直す話が浮上するリスクさえある。

もし仮にある程度の誤差があったとしても、それは実践を続ければ修正が可能な範囲。

こう言えるだけの情報が提供されているからこそ、その商品化を続けているのではないでしょうか?