スポンサーリンク




最初は会社員の副業から。

いずれは仕事が増えて収入も会社の給料の必要がなくなったと思ったら、いずれはスキルと合わせて独立。

今は会社という組織の一員。

しかし、働きながら自分の好きなことを仕事にしていくことを考える。

こうした生き方や働き方を考える人が実際に増えている。

会社も人材不足により、徐々に働き手をアウトソーシングに切り替えている。

バイト、パート、契約社員や地域限定社員。

このような仕組みをしないと、募集の案件を見ても誰も応募をしてくれないような状態。

ではこういう時代に、副業からフリーランスを考える時のおすすめの考え方をご紹介していきます。




副業からフリーランスを目指す原点

副業からフリーランス実現




いかに本業があっても収入が安定しているとはもう今の時代は言えない。

しかし、一方で本業があることから始める前の不安を抱える人も多い。

  • 今会社員である自分が独立するまでにどのくらいの時間が要するのだろうか?
  • どんなサービスからまず始めるべきなのか?
  • 本当に経験がない案件でも副業からフリーランスを目指すことはできるのか?

このようにやる前の自分の残された時間の中で行うからこそ疑問や不安が多い。

中には、確定申告などが本業の会社にバレるとまずいなんて事を最初から考えている人もいる。

この場合は、単純に諦めるのも得と言える。

今の仕事を失うリスクをもってでも始める得があるビジネスは何か?

いまあなたがもし簡単にということを考えているなら、その気持ちは正直起業する可能性が低い考え方だと私は伝えたい。

副業からフリーランスの厳しい現実

実際今の所得や収入に満足ができないから他の給料が高い会社に転職をする活動を始める。

この行動と、その所得の先で培った知識や経験を活かしながら次の自分で行うビジネスを展開する。

この2つを比較した時、選択を迫られる時、多くの人に誤解が増えていると私は感じる。

副業からフリーランスを選ぶ時には、注意しておくべきことが多い。

単純に考えれば、以下のような違いが存在する。

  • 社会保険を自営業の国民健康保険に切り替えて収入が増えたと言える試算を済ませる必要がある。
  • どんなサービスでも波があるし、単価の変動があることをどこまで注意できるのか?
  • 厚生年金がなくなる分を自分の起業後の補填で何ができるのかも含めて可能性を広げて考えられるか?
  • ただ単に自分が一般の会社に勤めに出て働くサラリーマン人生と自分でお金を得るための営業という考え方にどこまでリスクを考えていけるか?
  • 住民税や所得税の支払いを個人で続ける準備はどこまで整っているのか?
  • 自分が原いてみた仕事は、一般のサラリーマンのお金の悩みと比較してどうなのか?

このような現在の職種や内容、収入をすべて総合的に差し引きした計算が出来ていないと何も始まらない。

まして、独立してからすぐにはお金がスムーズに入ってくるということはなかなか難しい。

ある程度は挑戦として考えておくべき期間も必要になってくる。

こうした中で考えたら、プログラミングや専門的な資格を取るなどの考えてる者がいるなら、無理だと思った方がよい。

現実をよく見る。

その先に、副業禁止という会社の方針を無視しても自分の経験や知識を使ってより多くの報酬を得られると確信を持つことができる。

これがフリーランスになるための必須条件だと私は思っている。

 

副業からフリーランスと今後の展望

 

まだ30代、40代という世代は、20年後、30年後のことも考えていかなければいけない問題でもある。

試しなんてことを実際言われても正直誰もが馬鹿げているという言葉を伝える時代。

大切なのは、副業からでも全力で環境を変えるほどの振り切った考え方を持つことが重要。

その先に、さらに収入を増やし、環境も条件も実際独立してよかったと思える状況にしなければいけない。

副業からフリーランスは実現可能

いかに自分の会社の就業規則が副業禁止と言われていても結局は今の時代大きな変化を求めるなら行動するしかない。

失敗しようが何だろうが諦めない。

この気持ちがあれば、どんなケースにぶち当たったとしても、自分がいつか事業として取り組むという大きな目標からしたら通過点に過ぎないと考えられる。

もちろん、挫折なんて言葉を口にするような人材なら月給20万円の会社員生活をお勧めしたい。

家族との時間や自分の自由な時間の生活を犠牲にする。

このぐらいの気持ちを持たない人は、結局成功なんて夢のまた夢に終わるのだと思う。

しかし、それだけプロになる意識がある人なら、へたな求人を探すよりも自分でビジネスを展開できると思った方が良い。

その理由も明確。

副業からフリーランス誕生が止まらない理由

なぜ個人がもうすでにある現在の会社の存在を追い越して独立後に仕事を取ることが出来るのか?

その理由は単純だ。

ビジネスとしてのプロはいても、インターネットという環境を駆使した考え方を持つ新しい人材の業務を多くの会社が用意していない。

ビジネス契約のプロというのは簡単に言えば、営業職。

しかし、営業を別に個人が足を運ばなくても今の時代は、インターネットで準備が可能になる。

その流れを多くの人が知っているのに、その中身を作るということに興味関心を持たない。

このポジションに存在するのが、ブログやサイトのライターと呼ばれる記事投稿の編集作業をする人間の存在。

必ずどこの会社にも大手になればなるほど、twitterやインスタなどのsns関連の活動をしている。

その時の文章で魅力をどう伝えるのか?

このスキルを知っている人はまだまだ会社の数から考えたら圧倒的に少ない。

このスキルは何から得る?

それが私がやってきたアフィリエイト。

日本の中で、アフィリエイトで実績を出すのは、挑戦でしかない。

そして、その成功はあくまで専門のスキルとして既存の企業に見せることもできる。

給与所得として受け取る先の仕事のスキルをしっかり活かせる。

女性でも主婦でもデザインなんて知らない人でもできる。

だからこそ、フリーランスになる人が止まらないのです。

副業からフリーランス成功者の特徴

日本のビジネスはかなり遅れていると思う。

もし今からあなたがこれからの時代を1年でも多く生き抜くための仕事を考えるなら、ネットしかないと言えないだろうか?

人口減少の日本。

過疎化や少子高齢化の加速。

東京都心の空き家増加。

こんな時代に何でも買う者がいなければ商売は成り立たない。

店があってもネットを利用されたら利益は出ない。

だからこそ、ネットを活用する必要がある。

フリーランスをだます会社まで出てきた時代

初期投資という言葉を使ったフランチャイズをほのめかす営業電話。

こんな内容も正直増えている。

もうお金を稼ぐためにお金を出すことも当たり前になってきた。

しかし、自営業の人たち向けに株式会社が個人を食い物にしようとしている動きも出ている。

詳細は、副業詐欺電話営業フリーランス注意点2018

あなたはこれから何をして自分らしく生きることに挑戦しますか?