勤め人。

会社員とかサラりーマンなんて響きの同等の意味。

会社にっ勤める生活を送る人。

今、勤め人の環境を卒業したいと思ってる人は増えてる。

20代30代40代の子育て世代の男女。

大手企業、有資格者、中小零細企業。

どこで何をして自分がお金を稼ぐのかはその人のプロフィールにおける強み次第。

しかし、どんな会社に入ったところで、今以上の収入が必要だと思ってる人が多いのが現実。

そんな時、現在不動産投資による物件投資から収入を検討してる方に、私自身が体験をした事をご紹介していきます。

私のサイトは、サラリーマンや主婦が副業という選択肢を考えた時、失敗後悔をしないために何を信じてどう毎月確実な収入源を確保するべきか?についてご紹介しています。

サイト管理人Mr.Mと申します。

実際に不動産投資は収入になるのか?

投資する物件の選び方も分からない。

このような読者の型にも、私が投資としても決して損はない。

安定的な収入源の環境を作り、勤め人卒業も達成したことから気が付いた内容をご紹介していきます。

今回の記事では、勤め人卒業を不動産投資から始める事に興味尾を持ちの方に簡単に実践できる考え方を以下の項目でご紹介していきます。

勤め人卒業前の不動産投資成功法

勤め人卒業後不動産投資で老後安泰?

まずは、人生の中で、自由な時間を作るための考え方。

そして、不動産と言っても実際には、一戸単位から一棟までスケールの大きい感じの投資はある。

そんな中で、超初心者が銀行から借金をしてまで手に入れる価値は?

会社の勤め人を辞めた後、借金だけ残り、売却みたいな感じにならないのか?

こうした支払い他管理などの心配を含めてご紹介していきます。

勤め人卒業前の不動産投資成功法

勤め人卒業

借り換えや更新などがある時が心配。

また広告を公開して次の問合せを待つのが不安。

不動産投資の多くが紹介しているのが、賃貸経営だと思った方が良いと思います。

もちろん、海外不動産取扱いをしてる会社の中には、小口投資的な支払いをして稼ぎを出すという方法もある。

ある意味貯金を不動産の購入に置き換えるという考え方。

勤め人卒業前の不動産投資の実態

私は、2011年2012年2013年等現在の2018年まで不動産投資を始めた後の大家になって経済的自由を目標にしてきた今があります。

不動産は、1年を通じて動きが分かりやすい。

1月2月3月は、案内も多く、多くのサイトが駆け込み需要に取り込み合戦をしている。

しかし、会社の寮などを目的にしている方は、もっと早い。

5月6月ころにはもう募集を始めて8月9月等の転勤族のラッシュに備える。

家賃以外の収益を持たない方は、出来るだけ身一つで作った環境を上手に育てていく必要がある。

利用する人にもよって、自動で更新することに何も言って来ない人もいる。

しかし、質問や理由など理解をする事に興味を持ち、何でも言ってくる利用者も当然出てくる。

こうした時の為に、管理会社代行を設定してる事が多いのも不動産投資の特徴。

数ヶ月の賃貸なら、基本とても忙しいサイクルになってしまうが、本来なら、申込から基本的にものすごく悪い商品でクレームを立てやすいような状況でなければ、継続設定が続く。

本当に連絡が全く来ないけど大丈夫か?

こんな気持ちになったりすることもあるが、決して大きくストレスになるようなこともあまりない。

勤め人卒業前の不動産投資の利益

実際の手取りは、最初はものすごく少ないと思った方が本当に無難。

私も正直、自分の物件の話しであれですが、やはり毎月純利益は、一戸単位なので、3万円も出ない。

よく見かけるような月収100万円などのオーナー的な内容は、ほとんどが一棟投資。

当然部屋も複数管理を行い、それぞれの賃貸料金を得る。

こうなると、ある程度稼ぐ事が出来ると思った方が良い。

 

勤め人卒業後不動産投資で老後安泰?

勤め人卒業のきっかけ

不動産投資をしておけば、最悪部屋も売却すれば利益を得る位にはなるだろう。

このような考え方を持つ会社員の方も多い。

しかし、今は老後の安心まで確保する上の覚悟で見ていくなら、私は正直都心の一等地でも計算はしにくいと思う。

というのは、やはり東京等の都心離れの動きは、やはり今後も加速していくと予想しているから。

勤め人卒業に不動産投資を考える人が見ておくのはあれ!

私は今後は部屋の管理や事前の目的、年収の確認などをしていくのはやはり犯罪などの関連の報道が出る度に、自分の物件でなくて良かったと思う日がある。

こんな心配もしなければいけないのが、不動産投資なのか?

もっと、気楽に簡単に稼ぐ事を考えると、違った意味で、株や仮想通貨の方が今は安定的に稼ぐ事が出来るのでは?

こんな風に思ってしまう時もある。

しかし、自分の生活を考えて、できるだけ生活に影響の少ない価格帯で、安定させる方法はある。

それが、太陽光発電による売電供給元の不動産購入するという考え方。

実際に資料請求できる会社も簡単に見つかる。

このようなサービスであれば、土地と太陽光発電を両方セットで購入できる。

勤め人卒業に不動産投資を考えるようになったきっかけ

私自身が現在オール電化の家を購入して生活を送っている。

たった10kw程度の太陽光発電システム。

それが、何と毎月安定的に5万円以上の売電価格を出してくれている。

このような状況になると、当然元手を10年程度で取り返すような状況も見込めてくる。

不動産マンション投資と実際に比較してみよう!

投資用マンション 太陽光発電付の土地
元手を取り戻す期間 30年程度 10年から15年程度
安定度 退去者と空室による 天候に左右されないシステムも登場。
転売稼働率 土地と家屋双方の需要と供給変動による。 シミュレーション次第

このように考えると、非常にシンプルで、簡単に何を見れば良いのか表示の中だけで太陽光発電の投資は可能になる。

お金を何に使うべきか?と情報を探すなら、まずは投資を行う前に、最後は現在以上の価値にどう合計額が成り立つかを考える。

私の所有する物件は、2700万程度で購入したが、9年経過しても200万程度しか今の売却査定も落ちていない。

その間の安定した法人契約がとれているからこそ、まず利益はほぼ確定した状態と言える。

このように、リスクを背負わないで済む不動産投資は多くはないが、存在する。

上手に、まずは情報収集をしてみてください。

きっと、今の自分が会社員卒業後には想像していなかった新しい生活の基盤が生まれてくると思います。